[札幌編] ロマサガRSをどのようにクイックにスケールさせたか 〜Elixir, Amazon ECS 等の技術要素を交えて〜

島崎 清山

招 待

eng
受講スキル
モバイルゲームのサーバー開発に関わる方。
プロジェクトマネージャー等、間接的に関わる方も含む。
受講者が得られるであろう知見
スケールするサーバーの開発
・運用におけるポイント ゲームサーバーのチーム開発におけるポイント これらの重要性の理解

講演内容

モバイルゲームのアクセス規模を、ローンチ前に見積もることは難しい。
そのため、サーバーアーキテクチャは、スケールするように開発するのが望ましい。
ロマサガRSでは結果的に、ローンチ直後において、想定の数倍以上のアクセスに恵まれましたが、大きな障害は起きずに運用することができました。
一方で、スケールするシステムを開発するには工数が必要です。
スピーディな機能開発や、安定した品質での提供を損なわないためには、効率的にスケールを達成することが重要になります。
本セッションでは、これらをどう達成したのか、Elixir や Amazon ECS 等の技術要素を交え、解説します。

島崎 清山 (しまざき せいざん)

株式会社アカツキ
モバイルゲーム事業部
テクニカルディレクター/クリエイティブ・プロデューサー

プライバシーポリシー© CEDEC+SAPPORO 2019 実行委員会. All Rights Reserved.